社会保険労務士の働き方と仕事内容と役割は

社会保険労務士の働き方

社会保険労務士の働き方は、月額で決めた顧問料を得て労働・社会保険手続き代行や給与計算・労務相談等の業務を受託するのが業務です。顧問料は各事務所が従業員数によって、任意で設定して決めます。相場は1件あたり、月額2から3万円になっています。生計を立てるには、契約件数を多く積み上げるようにしないといけないです。件数だけを多くとるのは難しいので、単価の高い仕事を取るのが重要になってきます。企業規模が大きくて、受託業務の範囲が広いと1件あたりの金額が高くなります。

社会保険労務士の仕事内容

社会保険労務士の仕事内容は主に3つあり、労働社会保険諸法令に基づいた書類の作成や提出を代行します。健康保険や雇用保険等の、加入や脱退等の手続きです。2つ目は労働社会保険諸法令に基づいた、帳簿書類の作成を行います。帳簿書類には、労働者名簿や就業規則等があります。3つ目は人事や労務に関する、コンサルティングも行うのです。コンサルティングには、資金調達や企業内教育等が含まれます。1つ目と2つ目は、社会保険労務士の独占業務です。

社会保険労務士の役割

社会保険労務士の役割は、顧問料を出来るだけ安くして法律等の難しい事の相談に乗ったりアドバイスを受るのが一般的に思われている役割です。企業に対しては、利益に対する仕事をする事です。事業主と従業員との間の利害をなくすために、従業員の利益に耳を傾けます。これにより、事業主の利益にも繋がるのでアドバイスをします。労働法令の知識が必要な時には、社会保険労務士が適切な対応を取り状況を良い方向に進むようにしていきます。

社会保険労務士の就業規則の作成方法を理解することで、従業員の勤怠管理にこだわることが可能となります。